全国フェミニスト議員連盟
コンテンツ
フェミニスト議員連盟とは
最新ニュース
活動報告
世話人
連絡先
リンク
HOMEへ戻る
AFER
お問合わせ

HOME活動報告 > 全国フェミニスト議員連盟2009年度総会報告

最新ニュース
■ 全国フェミニスト議員連盟2009年度総会報告

5月24日、三鷹市市民協働センターで2009年度の総会及び学習会が開催されました。

午後2時からの総会では議長の小金井市議の漢人明子さんが議事進行。陣内代表による08年度の活動報告、決算は全て承認されました。

会計の努力により、08年度は未納の処理が進み、会費が増額となったこと、国際シンポジウムの参加者が多かったことなどで、次年度繰越金が増えたことが評価されました。

また、少ない予算の中で、それぞれの担当が熱心に活動を行ったこと、名簿の作成、ホームページの活用と会員MLの創設など充実した1年だったことが改めて認識されました。

続いて09年度の活動方針案と予算案が審議され、承認されました。しかし、会員からは今後はもっと他の団体との連携を深めたらどうかという意見や、会費が高いので検討すべき、またAFERのバックナンバーの内容をホームページに掲載してはどうかという質問などが出ました。これらに対し、代表などから女性情報総合サイトWANの加入を検討中であること、会費についてはさらに検討すること、AFERのバックナンバーは販売しているため、無料の情報提供は難しいという答えがありました。

なお、09年度は役員改正の時期ではありませんが、国際の世話人として日下景子(神奈川県議)さんと原麻里子さんが加わることになりました。
8月8日、9日に松江市で開かれる夏合宿で又会いましょうという野村代表の呼びかけを最後に、総会は無事終了しました。

3時からは、日本女性監視機構役員で国際女性の地位協会理事の近江美保さんを講師に迎え、女性差別撤廃条約選択議定書批准についての学習会を行いました。
現在、選択議定書の締約国は96カ国で、OECD加盟国では米国と日本だけが批准していません。今年は選択議定書採択10周年ということもあり、日本の批准に向けて各女性団体の動きも活発化しています。

フェミ議でもこの批准を求める要請を行おうと、文案を野村代表を中心に作成、満場一致で採択されました。この要請文は、麻生総理、衆参両院議長、関係閣僚等に提出される予定です。また、地方議会用の意見書案も活用してください。

(報告 : 事務局・木村民子)

ページのトップへ

Copyright © 2015 全国フェミニスト議員連盟 All Rights Reserved.

禁無断複製、無断転載、このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの 無断転載を禁じます。