全国フェミニスト議員連盟
コンテンツ
フェミニスト議員連盟とは
最新ニュース
活動報告
世話人
連絡先
リンク
HOMEへ戻る
AFER
お問合わせ

HOME活動報告 > 夏合宿 in かながわは、延べ150人の参加を持って盛大に開催されました。

最新ニュース
イベント・合宿等
■夏合宿 in かながわは、延べ150人の参加を持って盛大に開催されました。
夏合宿 in かながわ

夏合宿 in かながわは、延べ150人の参加を持って盛大に、かつ充実した内容で開催されました。
ご参加の皆様に感謝いたします。
当日以下のアピールをいたしました。

日時 : 8月3日(土)13:00 〜 20:00(基調講演・シンポジウム、交流会)
8月4日(日)09:15 〜 12:00(分科会、全体会)※終了後オプショナルツアーあり
会場 : フォーラム(横浜市男女共同参画センター)
JR・横浜市営地下鉄戸塚駅下車 徒歩5分

〒244-0816
神奈川県横浜市戸塚区上倉田町435-1 [MAP]
TEL :045-862-5050 FAX :045-862-3101
>>アクセスのご案内
主催 : 全国フェミニスト議員連盟夏合宿 in かながわ 実行委員会
プログラム / 第1日目 / 8月3日(土)
13:15 〜 15:00

基調講演 「地方議会改革と女性議員への期待」
講師:片山善博(慶應大学)
男女共同参画社会の形成や知の地域づくり、弱者に寄り添う公正な政治を進める上で、自治体と地方議会はどう変わらなければならないか。その中で、とりわけ女性議員に期待される役割、その女性議員が増えるための環境づくりなどを説く。

15:15 〜 16:45   シンポジウム「女性議員が増えれば 何が変わる?」
・女性議員が過半数を占める議会から「何が変わったか」の報告
・女性議員を増やすには・・・
 渡辺順子(大磯町議)、畑中ゆき子(葉山町議)
 大木直子(お茶の水女子大学大学院リサーチフェロー)
 コーディネーター:三井マリ子(フェミ議連世話人)
18:00 〜 20:00   交流会(横浜市地域会議室)
プログラム / 第2日目 / 8月4日(日)
09:15 〜 11:00

分科会
@女性と貧困

 母子家庭の抱える課題を中心に解決に向けた自治体の施策とは・・
 話題提供者:赤石千衣子 (しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事)

A脱原発に向けて・これからのエネルギー政策
 統合事業化モデルによる戦略的エネルギーシフトの推進方法について
 話題提供者:舩橋晴俊(法政大学教授)、地域からの事例発表:上野ひろみ
 (NPO法人ちがさき自然エネルギーネットワーク代表理事)

B男女共同参画の施策と拠点施設
 男女共同参画をすすめるために自治体の施策と拠点施設の役割とは?
 話題提供者:国広陽子(東京女子大学教授)

11:15 〜 12:00    

全体会
分科会報告、大会アピール、次回開催地紹介

12:30 〜    

オプショナルツアー(バス)大磯町、澤田美樹記念館見学(17時ごろ小田原解散予定)

 

2013年全国フェミニスト議員連盟夏合宿 in かながわ アピール

2013年夏、「女性議員が増えれば,何が変わる?!」をテーマに、私たちは、日本一女性議員比率の高い自治体がある、ここ神奈川に集いました。
昨年末の衆議院選挙と本年7月の参議院選挙によって、日本の政治状況は大きく変わりました。このような状況の中、女性議員が増えることで、政治や社会をどう変えられるのでしょうか。
地方議会改革と女性議員への期待について、講師の片山善博元総務大臣から、「女性議員が増えることは、政治のあり方そのものを変えることである。日常のちょっと変だなと思うことを地道に変えていく力は、女性にこそある。社会は男女半々で構成されているのだから、それぞれの意見を反映する必要がある。」ということを改めて学びました。
但し、女性議員の数を増やすことだけが全てではありません。これまで男性たちが独占してきた旧来の政治のあり方を変え、政治を市民の手に取り戻す女性議員が求められているのです。女性議員が半数を占める大磯町、葉山町の事例によれば、女性が立候補すれば8割9割の確率で当選しています。地道にまじめに,市民の意見を聞き、政治に反映していることが評価されているとみられるのです。
市民生活に密着した「脱原発に向けてのエネルギー政策」や、「女性の貧困問題」、「男女共同参画施策の進め方」などの女性政策の主流化は、未だ道半ばです。しかしながら、私たちはこの集いで、市民の共感を呼ぶ活動を続けていくことは、社会を変えていくことにつながるものだという確信を得ました。
このエンパワーされた力を、明日からの活動に活かしていきましょう。
21年目を迎える全国フェミニスト議員連盟は、平和が脅かされそうな非常に危うい国政状況の中、議員と市民が手を携え、この学びを活かして、真の意味で女性と男性が共に生きる社会をつくっていきます。
これからも、私たちはさらに多くの女性を政策決定の場に送るため、あらゆる努力をすることを、ここ神奈川の地で誓います。

 

2013年8月4日

全国フェミニスト議員連盟夏合宿inかながわ

>>> アピールをダウンロード(655KB・PDF) <<<

PDF を見るためには Adobe Reader が必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。
Get Adobe Reader

Copyright © 2015 全国フェミニスト議員連盟 All Rights Reserved.

禁無断複製、無断転載、このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの 無断転載を禁じます。