全国フェミニスト議員連盟
コンテンツ
フェミニスト議員連盟とは
最新ニュース
活動報告
世話人
連絡先
リンク
HOMEへ戻る
AFER
お問合わせ

HOME最新ニュース

最新ニュース
■ 2013.12.15   全国フェミ二スト議員連盟 第3回女性議員パワーアップ集中講座

自治体議員にとって大切な予質審議に備え、重要テーマについて集中的に学習しましょう。

  • 日時:2014年1月14日(火)10:00 〜 17:15分
  • 会場:参議院議員会館(予定〉
  • 参加費:会員:議員3,000円 非議員2,000円 非会員:5,000円
  1. ジェンダー予算 その意義と男女共同参画事業から見る自治体の本気度(講師:大崎麻子さん〉
  2. 介護保険制度のゆらぎ〜地域包括ケアは実現可能か(講師:鏡諭さん、厚労省)
  3. 生活困窮者自立支援法と市民団体の役割 (講師:藤田孝典さん、大沢豊さん、厚労省)

講座内容の詳細は、当会のホームページをご覧ください。http://www.afer.jp
2014年1月7日(火〉までにメールでお申し込みください。 info@afer.jp

※お弁当(1,000円〉事前申し込みが必要です。議員会館の食堂・喫茶・コンビ二の利用も司能。

>>> PDF版のダウンロード(110KB・PDF) <<<

PDF を見るためには Adobe Reader が必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。
Get Adobe Reader

ページのトップへ

■ 2013.12.31   原子力発電所の再稼働に反対し、安全に留意したエネルギー政策を求める声明

内閣総理大臣 安倍晋三 殿
経済産業大臣 茂木敏充 殿
原子力規制委員会委員長 田中俊一 殿
経済産業省 資源エネルギー庁長官 上田隆之 殿

2013年12月30日

原子力発電所の再稼働に反対し、安全に留意したエネルギー政策を求める声明

全国フェミニスト議員連盟
代表 日下景子(神奈川県議)片山かおる(小金井市議)
事務局 村越まり子 (文京区千石3-17-7-101)
Tel/Fax 03-3945-1455

2011年3月11日の東日本大震災そして東京電力福島第一原子力発電所の事故の後、私たちの生活は根本から見直しを求められています。
福島原発事故は、収束にはほど遠い状況であり、今も放射能の拡散や汚染水の流出が続くなど深刻な状況で、廃炉作業にも取りかかれない状態です。
今なお14万人余の福島県民はふるさとを追われ、困難な避難生活を強いられています。
それにも関わらず、2013年12月27日現在、島根原発、伊方原発、玄海原発、女川原発など、全国で9原発、16基の再稼働が原子力規制委員会に申請されました。
しかし、原発から30km圏内の各自治体での原発避難計画の策定は、4割に満たない状態です。ひとたび事故が起きれば、放射能被害は天候や風向きが大きく影響し、距離が安全の担保にならないことは福島原発事故の現状が証明しています。
現在、経済産業省は、新しい「エネルギー基本計画」策定に向け、パブリックコメントを募集していますが、原子力発電については「安定的で重要なベース電源」と位置づけ、今後の再稼働を認める政策方向を示しています。
これだけの被害をもたらした原発事故の原因追求も不十分なまま、原発維持と再稼働容認の方向性は、とても承服できるものではありません。
私たちは、次の世代の子どもたちに持続可能な未来を残す責任を負う立場からも、福島原発事故の教訓を基に、真に安全なエネルギー基本計画の策定をおこない、原発に依存する社会から脱却し、原発再稼働を認めないことを国に強く要求します。

>>> PDF版のダウンロード(192KB・PDF) <<<

PDF を見るためには Adobe Reader が必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。
Get Adobe Reader

 

ページのトップへ

■ 2013.11.27   秘密保護法撤廃を求める声明文を出しました。

「特定秘密の保護に関する法律案」の撤廃を強く求めます

国会議員各位
衆議院議長 殿
参議院議長 殿
内閣総理大臣 殿

全国フェミニスト議員連盟

代表 日下景子(神奈川県議)片山かおる(東京都小金井市議)
事務局 村越まり子(文京区千石3-17-7-101)Tel/Fax 03-3945-1455

国家の安全保障と人権保障のため国連を含む世界70カ国余500人余の専門家で策定されたツワネ原則「国家安全保障と情報への権利に関する国際原則」を、「特定秘密の保護に関する法律案」は、大きく逸脱しています。
行政機関が秘密指定できる情報の範囲を広く曖昧に設定し、期間の限定は無いに等しく、運用の実態は第三者がチェックできない一方で、特定秘密とされる情報を漏らした公務員だけでなく、取得した側も処罰の対象となります。調査活動をする市民や研究者、情報公開を求める民間団体なども、罪に問われる可能性で萎縮させます。政府が不都合な情報を隠し、それを明らかにすることが罪になれば国民が国の本当の姿を知ることはできなくなり、日本は民主主義国家とはいえなくなります。

阪神大震災の際に、少なくない女性が性暴力被害に遭った事実の公表は当初、否定され攻撃されました。民間女性団体の支援・調査の結果を女性たちが情報共有できたからこそ、東日本大震災の際には、避難所の運営に教訓を活かすことができました。
福島原発に関しては、原子力専門家から水素爆発、メルトダウン、放射能汚染の警告や避難に関する情報があったのに秘匿、政府報道は「ただちに影響ない」の一点で、不必要な被曝と、将来への不安を残しました。

2020年は、あらゆる指導的地位に女性が30%いるようにする、と国連で約束した期限年で、オリンピックが東京で開催予定の年です。今の選挙制度では、選挙を2回重ねても女性国会議員8.1%、地方議員11.4%から目標数値達成は覚束なく、フクシマ放射能汚染の拡がり次第ではオリンピック開催辞退の状況になるかもしれません。正に喫緊の課題です。
終戦前の日本では、毒ガス製造地の広島県大久野島は地図から抹消され、米国が空爆予告に撒いたチラシを持っているだけで罪になり、避難の機会すら奪われました。東南海地震も原爆被害も秘密にされました。
廃炉作業中や、他の原発に重大事故があっても住民に秘密、放射能汚染物質の最終処分場が不適な場所でも、秘密にされたら分かりません。

主権者である国民に情報が制限される社会は、基本的人権が損なわれる社会です。日本の民主主義を後戻りさせる悪法の撤回を求めます。

>>> PDF版のダウンロード(68KB・PDF) <<<

PDF を見るためには Adobe Reader が必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。
Get Adobe Reader

 

ページのトップへ

■ 2013.10.12   全国フェミニスト議員連盟 国際セミナーのお誘い

国連安保理決議1325号には、紛争下の女性の人権を守ること、そもそも紛争にならないよう意思決定の場に女性を参加させること、日常からジェンダーや人権教育を行い国民の意識を高めること等々が盛り込まれています。

これらを具体的に実現させるために、世界各国で「国内行動計画」が策定されています。
既に42カ国が策定済み、日本は先進国の中で最も重い腰を上げ、ようやく策定へ向けて動き出したところです。

私たちは今回、紛争化の女性の人権について、3つの視点で考えることにしました。

過去:戦時下において、女性の人権がどのように虐げられたか。
現在:どのような国際ルールに則って、女性の人権は守られるのか。
未来:日本が策定しようとしている「国内行動計画」は、どうあるべきなのか。

右傾化への危惧が高まっている今だからこそ、私たちは過去・現在・未来に向き合い、一人の市民として、一人の議員として何ができるのかを考えていきたいと思っています。

どなたでもご参加ください。お待ちしております。

 

「戦時下における女性の人権 〜「日本軍慰安婦」問題に真摯に対峙して〜」

  • 日時:2013年11月5日(火)13:00 〜 16:00(開場12:30)
  • 会場:参議院会館 会議室(予定)
    東京都千代田区永田町2-1-1
    東京メトロ 丸ノ内線「国会議事堂前」下車

*参加者には12:30から13:15頃まで、参議院会館の入口で入館証を配布します。大幅に遅れる場合は、予めご連絡ください。

  • 費用:資料代 1,000円

【講師】
Coop Stephanie(クープ・ステファニー)さん
 青山学院大学 非常勤講師
 専門はジェンダーの視点からの国際刑事法
 紛争下における女性への暴力をめぐる法的枠組みが研究の焦点

 *武力紛争の当事者が女性の人権を守るために国際法においてどのようなルールがあるか、
  このルールが破られた場合どのような帰結になるか等

梁 澄子(ヤン・チンジャ)さん
 「日本軍『慰安婦』問題解決全国行動」共同代表
 「戦争と女性の人権博物館(WHR)日本建設委員会」代表
 通訳・翻訳業、一橋大学等で非常勤講師

 *従軍慰安婦がどのようにして人権を虐げられてきたのか。地方議員は今後、何を求められるのか等

外務省
国連決議1325号 国内行動計画作成担当者

主催:全国フェミニスト議員連盟 http://www.afer.jp/

問合せ:メール info@afer.jp ※タイトルに「国際セミナー問合せ」とお書きください。
    電話 090-6704-9996(会津)


>>> ご案内のダウンロード(205KB・PDF) <<<

PDF を見るためには Adobe Reader が必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。
Get Adobe Reader

 

ページのトップへ

■ 2013.08.14   2013年度男女共同参画推進フォーラム IN 嵐山

男女共同参画に資する政策つくりをどのようにすすめていったらいいのでしょうか? 市民の声、行政関係者、議会との連携が不可欠ですが、具体的な連携の方策について、事例検討から学び、これからの男女共同参画の推進のために必要な政策形成過程をワークショップを通して展望します。

  • 日時:2013年8月23日(金)10:00〜12:00
  • 会場:国立女性教育会館研修棟306研修室 [交通の御案内]
    埼玉県比企郡嵐山町菅谷728(東武東上線武蔵嵐山下車)
    TEL:0493-62-6724

【テーマ】行政・議会・地域のネットワーク推進と男女共同参画

 市民からの事例報告 みなし寡婦控除について
 竹内美和さん(シングルマザーズフォーラム)

 議会からの事例報告 子宮頸がんワクチン問題
 曽根文子さん(杉並区議会議員)

 行政からの事例報告 ネットワークつくり
 山口文代さん(元松戸市女性センターゆうまつど所長/NPO法人代表)

 費用:500円(資料代)
 主催:全国フェミニスト議員連盟
 問い合わせ先:090-4125-9259(陣内)

>>> ご案内のダウンロード(382KB・PDF) <<<

PDF を見るためには Adobe Reader が必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。
Get Adobe Reader

 

ページのトップへ

■ 2013.07.07   参議院選挙 <各政党に聞く> 女性議員比率を高めるためには?

全国フェミニスト議員連盟では、7月に行われる参議院議員選挙を見据え、政治分野における男女平等をさらにすすめるためのアンケートを4月末回答〆切として実施しました。回答のあった政党について掲載いたします。

>>> 詳しくはこちら <<<

ページのトップへ

■ 2013.05.20   全国フェミニスト議員連盟 夏合宿 in かながわ「女性議員が増えれば 何が変わる?!」
全国フェミニスト議員連盟 夏合宿 in かながわ「女性議員が増えればまちが変わる」

全国フェミニスト議員連盟は、1992年の創設以来、女性議員のエンパワメントおよび女性議員を増やす運動に取り組んできました。夏に開催する「合宿」は、開催地において実行委員会を組織し、全国から集まった議員と市民(および団体)が学習と交流を通して、地域への発信・意識の醸成を図っています。今年のテーマは「女性議員が増えれば 何が変わる?」と題し、政策決定の場における男女共同参画の推進とその意義を考えます。

日時 : 8月3日(土)13:00 〜 20:00(基調講演・シンポジウム、交流会)
8月4日(日)09:15 〜 12:00(分科会、全体会)※終了後オプショナルツアーあり
会場 : フォーラム(横浜市男女共同参画センター)
JR・横浜市営地下鉄戸塚駅下車 徒歩5分

〒244-0816
神奈川県横浜市戸塚区上倉田町435-1 [MAP]
TEL :045-862-5050 FAX :045-862-3101
>>アクセスのご案内
参加費用: 1日のみ     議員2,000円、一般1,000円
2日間      議員4,000円、一般2,000円
交流会        4,000円
オプショナルツアー  4,000円(貸切バス代、昼食代)
主催 : 全国フェミニスト議員連盟夏合宿 in かながわ 実行委員会
    委員長 柳下雅子(寒川町)
事務局 小磯妙子 TEL/FAX:0467−52−6731
    〒253-0003 茅ケ崎市鶴が台14−5−202
    メール:taekoko@mub.biglobe.ne.jp
プログラム
/ 第1日目 / 8月3日(土)
13:15 〜 15:00

基調講演 「地方議会改革と女性議員への期待」
講師:片山善博(慶應大学)
男女共同参画社会の形成や知の地域づくり、弱者に寄り添う公正な政治を進める上で、自治体と地方議会はどう変わらなければならないか。その中で、とりわけ女性議員に期待される役割、その女性議員が増えるための環境づくりなどを説く。

15:15 〜 16:45   シンポジウム「女性議員が増えれば 何が変わる?」
・女性議員が過半数を占める議会から「何が変わったか」の報告
・女性議員を増やすには・・・
 渡辺順子(大磯町議)、畑中ゆき子(葉山町議)
 大木直子(お茶の水女子大学大学院リサーチフェロー)
 コーディネーター:三井マリ子(フェミ議連世話人)
18:00 〜 20:00   交流会(横浜市地域会議室) [会場地図]
/ 第2日目 / 8月4日(日)
09:15 〜 11:00

分科会
@女性と貧困

 母子家庭の抱える課題を中心に解決に向けた自治体の施策とは・・
 話題提供者:赤石千衣子 (しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事)

A脱原発に向けて・これからのエネルギー政策
 統合事業化モデルによる戦略的エネルギーシフトの推進方法について
 話題提供者:舩橋晴俊(法政大学教授)、地域からの事例発表:上野ひろみ
 (NPO法人ちがさき自然エネルギーネットワーク代表理事)

B男女共同参画の施策と拠点施設
 男女共同参画をすすめるために自治体の施策と拠点施設の役割とは?
 話題提供者:国広陽子(東京女子大学教授)

11:15 〜 12:00    

全体会
分科会報告、大会アピール、次回開催地紹介

12:30 〜    

オプショナルツアー(バス)大磯町、澤田美樹記念館見学(17時ごろ小田原解散予定)

※エリザベスサンダースホーム設立で有名な澤田美喜は敬虔なクリスチャンでもあり、隠れキリシタンの遺物の収集家でした。遺物の一つ一つに熱い想いが込められている日本一の隠れキリシタン館と大磯の町並みを楽しみます。

ページのトップへ

■ 2013.05.27   2013年度総会・20周年記念セミナー、多くのご参加をもって無事終了しました。
ページのトップへ

■ 2013.05.18   橋下大阪市長宛抗議文を発信しました。

全国フェミニスト議員連盟は、大阪市の橋下徹市長宛に抗議文を発信しました。

>>> 詳しくはこちら <<<

ページのトップへ

■ 2013.04.22   全国フェミニスト議員連盟 2013年度総会・20周年記念セミナーご案内
  • 日時:2013年5月25日(土) 13:30〜19:00
  • 会場:新宿区立若松地域センター2階 第一集会室 [交通の御案内]
    都営地下鉄大江戸線「若松河田」駅下車 河田口より徒歩2分

【総会】
 13:30〜14:30
 非会員の方も傍聴いただけます。

【20周年記念セミナー】
 第一部:14:45〜16:45
 「めざそう!! 202030」各政党・政治団体の女性政策担当にジェンダー政策を聞く

 第二部:17:00〜19:00
 「フェミ議20年 これまで&これから」
 1年目、10年目、20年目フェミ議代表のトークと映像により、20年を振り返ります。

会費:非会員1,000円 会員500円(軽食付き)
☆終了後、懇親会を予定しています。

申込み・問い合わせ:info@afer.jp

>>> ご案内のダウンロード(479KB・PDF) <<<
>>> 案内はがきのダウンロード(92KB・PDF) <<<

PDF を見るためには Adobe Reader が必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。
Get Adobe Reader

ページのトップへ


以前のニュースを見る >> 2014年 - 2013年 - 2012年 - 2011年 - 2010年 - 2009年 - 2008年 - 2007年 - 2006年  

Copyright © 2015 全国フェミニスト議員連盟 All Rights Reserved.

禁無断複製、無断転載、このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの 無断転載を禁じます。