全国フェミニスト議員連盟
コンテンツ
フェミニスト議員連盟とは
最新ニュース
活動報告
世話人
連絡先
リンク
HOMEへ戻る
AFER
お問合わせ

HOME最新ニュース > 橋下大阪市長宛抗議文を発信しました

最新ニュース

大阪市長 橋下徹 様

全国フェミニスト議員連盟
                       代 表:日下 景子(神奈川県議)
                           片山かおる(小金井市議)
                       事務局:村越まり子

橋下徹大阪市長の、人権侵害発言に抗議し、謝罪と撤回を求めます

 2013年5月13日、橋下徹大阪市長・日本維新の会共同代表は、記者団を前に、「銃弾が飛び交う中で命をかけて走っていくときに、どこかで休息させてあげようと思ったら、慰安婦制度は必要なのは誰だってわかる」と述べました。また、日本軍「慰安婦」の「強制の証拠はない」、「当時は軍の規律を守るために必要だった」と、「慰安婦」問題を容認する発言をしました。
 さらに、普天間飛行場を視察した際に在沖縄米軍幹部に対し、「海兵隊の性的エネルギーを解消するために風俗業者を活用すべき」「建前論だと人間社会はまわらない」と進言したとも発表。その後も「兵士の性をどうコントロールするかはいつの時代も軍のオペレーションとして最重要課題だ」と、重ねて軍が風俗業を利用するよう発言しました。
 男性の性的欲求の解消のために女性を活用せよとするのは、女性を人間ではなくモノ(=道具)として見ることであり、女性蔑視、女性差別そのものです。また、男性が性欲をコントロールできないというのは、レイプを正当化する神話であり、男性の尊厳をも傷つけるものです。たとえ報酬を得ていようとも、「売春婦は、最も過酷な暴力にさらされる集団」であるという事実を踏まえれば、「性風俗の活用」という人権侵害を進めるような発言は到底容認できません。このような人権尊重感覚が欠如している人は、行政の府の長として適格性に欠けていると言わざるをえません。
 また、日本軍によって強制・管理された「性奴隷(慰安婦)」が存在したこと、「慰安婦」が長期にわたり過酷な暴力に晒され、その苦しみが今日なお続いていることは、世界中の多くの国々が確認していることです。にもかかわらず、政府がこの人道的罪に対して自らの責任を放棄しているからこそ、日本は世界から非難されているのです。21世紀の今日、世界中で共有される歴史認識と人権感覚も共有できないのでは、国政政党の共同代表として世界から非難されても仕方がありません。
 戦争を正当化することはできません。戦時であっても平時であっても軍隊とは構造的な暴力装置であり、敵味方関係なく、人間の身体と精神に深刻な暴力を加え、破壊するものです。今なお癒えることのない戦争の傷と、押しつけられた軍隊の日常の暴力のなかにある沖縄、アジア、世界と共に、今回の数々の人権侵害発言に対し、強く抗議し、謝罪と、発言の撤回を求め、あわせて大阪市長を辞任することを強く要求します。

 

>>> PDF 版のダウンロードはこちら(81KB・PDF) <<<


Copyright © 2015 全国フェミニスト議員連盟 All Rights Reserved.

禁無断複製、無断転載、このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの 無断転載を禁じます。