全国フェミニスト議員連盟
コンテンツ
フェミニスト議員連盟とは
最新ニュース
活動報告
世話人
連絡先
リンク
HOMEへ戻る
AFER
お問合わせ

HOME最新ニュース > ミャンマー政府への要請文

最新ニュース
フェミニスト議員連盟では、ミャンマー政府に対し以下の要請文を出しました。
2007年10月11日
駐日ミャンマー連邦
特命大使 フラ・ミン様
武力弾圧に関する緊急要請
 
全国フェミニスト議員連盟代表 村上香代子(埼玉県三郷市議)
瀬野 喜代(東京都荒川区議)
事務局 : 〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-27
TEL / FAX : 03-3253-0092

去る8月以来、石油価格の高騰に端を発し各地に拡大した反政府行動に対し、ミャンマー政府は、治安維持部隊を出動させ激しい弾圧を行いました。非暴力の平和的な抗議のデモにも関わらず、僧侶・市民に多数の死傷者を出し、日本人ジャーナリストの長井健司さんが、至近距離で撃たれ、犠牲となりました。

私たちは、このような流血の惨事を招いた軍部による弾圧に強く抗議いたします 。

女性の声が政治に反映されることを願って結成された私たち全国フェミニスト議員連盟は、これまでも在日ビルマの女性たちの民主化と平和を求める活動に深く共鳴 し、支援を惜しみませんでした。1990年から今日に至るまで民主化運動指導者のアウン・ サン・スーチーさんは不当に拘束されています。1日も早く解放されることを強く要求します。

また、今回の弾圧によって拘禁された多くの僧侶・市民に対し、拷問や虐待を行わないこと、速やかに無条件釈放することを切に求めます。

ASEAN諸国はこのたびの事態に強い懸念を表し、国連も特使を送り、武力弾圧の停止や民主化勢力との対話に向けた調停を行っています。ミャンマーの人々の人権が尊重され、表現の自由、集会の自由等が認められ、国際社会においても平和的・友好的な関係が構築されることを願います。

<<< 戻る

Copyright © 2015 全国フェミニスト議員連盟 All Rights Reserved.

禁無断複製、無断転載、このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの 無断転載を禁じます。